愛するあなたへ

2011年11月30日水曜日

銀河人類の変遷に触れて-3

地球外知的生命体としての銀河系宇宙人類を考察する時、私たち人類本意の狭い目線だけで観ることはとても危険な行為であります。映画やマスコミに登場する宇宙人類はその殆どが地球人類を侵略する敵として表現され、情報が工作されることで宇宙経綸の推進を阻害するのです。

しかし逆説的に言えば、地球外知的生命体の存在があからさまになる時代を迎えているのであり、故にこそ彼ら銀河系宇宙人類と地球人類との真実の関わりを伝えることが益々重要であり、今まで彼らを天使や神々として理解を深めて来た世界の宗教が、神々や天使とは地球外知的生命体であるとの認識に目覚めることが重要なのですね。そのためにも各宗教を導く教祖や幹部たちが自らの観念や保身を超えて、トップダウン方式で情報を公開しなければ信徒たちは受け入れることはしないでしょう。宗教世界ではボトムアップ方式ではとても難しいのですね。ましてや魂の親なる天使たちを人間の僕として見下している偽りの宗教教義があるとすれば、宇宙生命体の本質を理解することは真に困難であり、最も神々に遠い悲しみの存在となるでしょう。

世界経綸が破綻することで、何らの基盤も無いところから最終の宇宙経綸をスタートせざるを得ない状況は、ヤハウェや神々にとりましても絶望のどん底から這い上がるような経綸となり、また人類の成長進化の度合いから観ても厳しい宇宙経綸となることを否定することは出来ません。だからこそ神々は人間目線を遥かに超えた奇跡の連続で宇宙経綸を導かれることでしょう。

現在、銀河系宇宙人種の多くが銀河系宇宙連合体として太陽系に終結しており、最終の宇宙経綸の行方を見守っています。銀河系宇宙種族の存続を掛けた宇宙経綸ともなるからであり、今回の宇宙経綸が彼らの悲願達成の宇宙経綸となるか、または再度、数百万年の歳月を費やすことで地球人類の再創造の歴史を迎えることに成るのか否か、全ては地球人類の成長進化に託された銀河系宇宙歴史の悲願であります。

宇宙経綸は、神人一体した神の子たちの主体的な行動に託されているのであり、だからこそヤハウェを初めとした神々も地球上の神の子たちを必死に守り、神々の栄光と真の愛を神の子たちを通して現すことになるでしょう。

感謝合掌 フランシスコ

2011年11月19日土曜日

銀河人類の変遷に触れて-2

そもそも地球人類を育み導かれる守護神とは、どの様な宇宙生命体なのでしょうか。

私たち地球人類の創造に関わった神々は、第三創造主といわれるベガ文明以降に誕生した基本7種族の宇宙生命体であるのですが、実は彼ら宇宙生命体が三次元空間に存在していた時代には育みの親なる守護神が存在していたのであり、その守護神とは、ベガ星系人類の創造に関わった第二創造主としての一部の霊的リラ星人なのですね。この様に守護神である宇宙生命体にも進化の階層があるのであり、大別しますと外銀河から飛来したヤハウェを初めとする初代創造主、そして第二創造主となった一部のリラ星人、そして地球人類の創造に関わった第三創造主としての一部ベガ系宇宙種族となるのです。

初代創造主としての宇宙生命体から第三創造主としての宇宙生命体に至るまでは、数百、数千万年の気が遠くなる様な宇宙人類の長き歴史が綴られているのであり、彼らも年齢を重ねることで肉体は土に帰り、霊体として永遠に存在し、肉体を有する宇宙生命体の守護神となるのです。ですから肉体を有する宇宙生命体は、宇宙の歴史から観ればまだまだ若い宇宙生命体なのであり、数から観ればほとんどの宇宙生命体は霊的に存在しているのです。

私たち地球人類の創造に関わったベガ系の宇宙種族もやはり今では殆ど肉体を失い、霊的宇宙生命体として存在しているのであり、その中でも彼らの子孫として肉体を有する宇宙種族は、地球人類がカルマの呪縛から解放され、銀河人類として新しい地球文明を創造する時期に地球人類と関わりを持とうとしている三次元の宇宙生命体であるのです。

地球人類の創造に関わった守護神の殆どは、この世の神となったルシエルを筆頭にシャンバラ世界に存在しているのであり、彼らの子孫である肉体を有する宇宙生命体は、地球人類がカルマの呪縛から解放されるまではその姿を三次元世界に公式に現すことは無いのです。

宇宙経綸の草創期は、地球人類のカルマ清算と神の子たちによる新しい銀河人類の創造が同時に重なる時代となるために、シャンバラ世界の霊的宇宙生命体は、地球人類を神の子として養育しながらヤハウェの愛のふところに帰還させることで、共に自らもヤハウェの元に帰還する救いの道が開かれて行くのです。

この様に神人一体し自ら成長進化を遂げた神の子たちにより新しい銀河文明の創造が始まるのであり、彼らの媒体となる地球連邦が整った時に、三次元世界に住む宇宙生命体と公式遭遇することで具体的な銀河文明創造の道が飛躍的に開けて行くことになるのです。

続く


2011年11月16日水曜日

銀河人類の変遷に触れて-1

アンドロメダ銀河からリラ星系惑星に飛来したヤハウェを初めとする宇宙生命体を天の川銀河人類の第一創造主としますと、リラ星系文明の崩壊後に宇宙空間を放浪しながら進化を重ねた一握りのリラ人は、ヤハウェを初めとした宇宙生命体=神々と霊的に一体した神々の初代転生人と見ることができるのであり、後に何世代もの転生を繰り返すこととなるのです。

リラ星系文明の崩壊と共に宇宙に脱出した一握りのリラ人は、幾世代もの宇宙放浪の旅を費やすことで高度な進化を重ねながら、数千光年離れたベガ星系惑星に至ることとなるのですが、そこで彼らリラ人はベガ星系人類の創造に関わり、ベガ星系文明の創造をサポートする銀河系人類の第二創造主の立場に立つこととなるのです。

またリラ文明の崩壊と共にリラ人類は、死後リラ人の宇宙霊界に留まることになるのであり、宇宙空間に脱出し生き延びた一握りのリラ人に救いの悲願を託しながら、何百、何千万年もの間、光なき暗闇のリラ霊界に留まることになるのです。

このことは、ベガ星系文明の崩壊と共に創造された彼らベガ系人類の光なき暗闇の宇宙霊界にしても同様の状況下にあるのであり、ベガ文明崩壊後八方位の宇宙に分散しながら辛うじて生き延びたベガ星系人種は、ベガ星系霊界人の救済悲願を背負いながらも破壊と絶望の歴史を繰り返すこととなるのですが、やがて奇跡的に太陽系を発見することとなり銀河系宇宙放浪の旅を終えることになるのです。

リラ人類の創造に関わったアンドロメダ銀河から飛来したヤハウェを初めとする高次元の宇宙生命体は、銀河人類としてのリラ人類の初代創造主となったように、後に進化を重ねた少数のリラ人は、ベガ星系人類創造の第二創造主となるのです。これは丁度、高度に進化を重ね銀河宇宙に拡散した宇宙生命体がやがて太陽系に飛来し、銀河人類の第三創造主として地球人類の創造に関わりながらレムリア文明を創造した立場と相似しているのです。

2011年11月6日日曜日

新しい宇宙経綸の始まりに向けて

新しい宇宙経綸は、今までの世界経綸とどの様に状況が異なるのでしょうか。

父系民族主導の旧世界経綸が破綻することで、イエス以降2000年に渡る再臨主のために準備された2000年の基盤は残念ながら崩壊せざるを獲ない結果となりました。しかし辛うじて父系民族主導の世界経綸の最大の失敗を母系民族の巫女たちが乗り越えることで、神の経綸は最終経綸として何らの基盤も無い全くゼロから辛うじて出発する宇宙経綸の始まりとなりました。

本来、2000年に渡り積み重ねられた父系民族型の世界経綸の世界基盤の延長上に神々主導の宇宙経綸が繋がれて行くべき神々の計画であったのですが、残念ながら人類歴史を牽引された召命者の多くは最終的に魔性を克服することが出来ず、結局天意から道を踏み外してしまうことで世界経綸を自ら破綻させてしまいました。過去にも幾度となく失敗が繰り返された神の経綸(摂理)であるのですが、この度の世界経綸は世界規模にまで拡大した最終段階での失敗なのであり、次なる宇宙経綸の始まりにあたり、足場を失う大きな打撃となりました。

今だからお話できるのですが、Project GAIAのメッセージを公開し始めた2004年頃のフランシスコは、世界規模に拡大した世界経綸の霊的中枢に居たのであり、次なる宇宙経綸であるProject GAIAに繋いで行く役割として神々の力で動かされておりました。世界に拡大した世界経綸の基盤を土台に次なる宇宙経綸を迎える準備を水面下で行っていたのですね。

世界の宗教文化の垣根を越えた西洋世界と東洋世界を結ぶ東西王室連合体の準備、そしてそれらを8の字に結ぶための日本皇統による新丸十字体制と裏国体中枢体制の準備、極東諸国の使命者たちとの連携、宇宙経綸を動かして行くための経済基盤の準備(南米)、そして次なる宇宙経綸の担い手となる世界経綸の人的・物的世界基盤の糾合に向けた準備など、様々に水面下の動きがありました。

しかし残念ながらそれらの準備基盤の殆どを最終段階で一気に失うこととなり、何よりも世界経綸の牽引者たちが次なる宇宙経綸に目を向けることが出来ずに居ることが大きな問題であるのですね。
神の計画は限られた時間性の中で動いているのであり、また地球自体が大きな変動期を迎えている現代、急がなければならない課題が沢山あるのであり、ましてや世界に拡大した経綸基盤の殆どを失うことで、宇宙経綸に託された神々の願いは真に深刻な立場におられることは言うまでも無いことでしょう。

普通ならば2000年前と同じように再度数千年の時間を掛けてやり直しの歴史を歩むことになるのでしょうが、今回ばかりは延長の出来ない地球環境にあることは皆さんご存知の通りです。そのために銀河宇宙連合体を初めとする神々は、銀河系宇宙歴史の悲願を掛けた最後の経綸としてこの度の宇宙経綸に掛けようとしているのですね。

今想えば、神々は世界経綸が失敗することを予想され、失敗の前に次なる宇宙経綸の情報を先んじてフランシスコに託されたように思うのです。もし今の時点でProject GAIAのメッセージに触れた場合、フランシスコは世界経綸の失敗から来る絶望感の重圧から立ち上がることが出来ないことを見越しておられたように思うのです。20歳のときに神に召命されてから今年で40年目となるフランシスコです。生涯の実績基盤の全てを失ったフランシスコですから、次なる宇宙経綸から意識を外しますと強烈な絶望感に襲われるのです。

これまでの命懸けの人生はいったい何だったのかと・・・・。

でもよく考えてみるとこの絶望感は私たち人類を見つめておられる親なる神々の苦悩の心情でもあるのですね。親なる神々を悲しませたくない。だから前を向いて力強く前進しなければいけないと思うのです。

Project GAIAのメッセージそのものには大きな変更はありませんが、理想郷実現のための聖国を土台とした地球連邦構想などは、世界経綸の破綻により手法が異なるものになるでしょう。また宇宙経綸草創期は、いかに多くの皆様にProject GAIAのメッセージをお伝えし、神の子として目覚めて頂くことが最大のテーマとなるでしょう。

そして神の子として神人一体された皆様においては、自らの神性を最大限に生かした様々な種類のマザーセンター活動を実践して頂くことで神の子を国内外に繁殖することが神々の願いであるでしょう。
また具体的な聖国としての国興しは沢山のマザーセンターが各地に出来てからのテーマとなり、そのためマザーガイアサミットやそれに続く活動も全てが仕切り直しとなるのです。

今回の宇宙経綸の草創期は、基本的に何ら人的・経済的基盤の無い状況での始まりとなるのであり、故にこそ神々との神人一体の神の子たちに託された神々の願いと祈りは絶大なものであると思うのです。

2011年11月11日を新しい宇宙経綸の出発の日と定めましたが、フランシスコも全く何の基盤も無い立場からの出発となりますが、皆様と共に神々の希望の星として共に宇宙経綸に邁進して参りますので、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。


感謝合掌