愛するあなたへ

2011年8月27日土曜日

イエスから観た3人の女性たち-2

イエスの実父である祭司長ザカリアは、当時の社会では正しき信仰の人として異なる宗教の垣根を越えて人望を集めていた存在ではありましたが、天使ガブリエルの祝福により不妊の妻エリザベツが洗礼ヨハネを受胎することが受け入れられず、わが子ヨハネが生まれるまで言葉を話せなくなりました。

要するに神々への信仰が観念的であったということですね。これはアブラハムの時代に年老いた妻サラが子イサクを身ごもることを天使から告知されていながら信じることが出来なかったアブラハムの立場と良く似ているのです。

洗礼ヨハネは、預言者エリアの再来として生まれたのですが、父母であるザカリアとその妻は、それを素直に認めることが出来なかったのです。なぜならそれを認めることは結果としてイエスを救い主メシアとして認めることになるからです。当時洗礼ヨハネは、多くの人から彼こそが救い主メシアではないかと思われていたのです。そのためイエスが救い主を明かす預言者エリアなのかと誰もが当惑していたのです。

ヨハネは祭司長ザカリアの息子であり、イエスはザカリアとマリアの子でありながら、表向き名も無い大工の息子でしたから、立場は不利であったのですね。ですからそれらの人間的事情を乗り越えて、洗礼ヨハネを預言者エリアとして、またイエスを来るべきメシアとしてザカリア夫婦がイエス誕生の時から受け入れることが、特にイエス出生の秘密を超えたエリザベツの神への忠誠と信仰がとても重要であったのです。本来、エリザベツは、神に祝福されたマリアとイエスの立場を理解することで夫ザカリアの信仰を正し、そして預言者エリアとしての使命を持つ洗礼ヨハネの家族としてマリアとイエスをしっかりとサポートすることが天命であったのです。

またエリザベツは、夫ザカリアとマリアとの間にイエスが天使ガブリエルの祝福を受けて出生していたことを知っていたとしても、それを容易に受け入れることは出来なかったのです。このところは、アブラハムと側女ハガルとの間に生まれたアラブの先祖イシマエルを受け入れることが出来ず、ハガルとイシマエルを荒野に追放してしまったアブラハムの妻サラの失敗と似ているのです。

もしもエリザベツが神々への信仰をしっかりと立てながらマリアとイエスを受け入れていたら、ザカリアと洗礼ヨハネは、メシアとしてイエスを受け入れるための体制を短期間の内に築いていたことでしょう。それほどにザカリアの立場は大きかったのです。そして何よりもイエスが苦難の十字架の道を行く必要は避けられたはずであり、その後の歴史は大きく変わっていたことでしょう。

2000年前のイエスの時代に最も重要な立場にあったのは、エリザベツの家庭なのであり、故にこそ歴史的な課題が重く圧し掛かっていた家庭でもあったのですね。

それでは現代におけるザカリア家庭の役割は誰が担っているのでしょうか。結論から申せば、その存在は自らの天命を誤認することでザカリア家庭の失敗を克服することが出来ず、それどころか洗礼ヨハネとイエスの復活体の立場をも奪ってしまう結果となっているのです。要するにこの世に生ける神として崇拝されているのです。

その存在は、水面下では世界支配中枢体制に影響を与えるところまで組織は拡大しているのですが、最終的には自己崩壊により数多くの宗教難民をはらむことになるでしょう。いずれ自らの役割と教義の根本的な間違いを認識出来た時にこれら複数の新興宗教は自ら浮上することになるでしょう。今のところ前向きな動きは見られませんが、せめて数多く生まれるであろう宗教難民に救いの手が差し伸べられることを心から祈りたいと思います。

それではイエスの母マリアの課題とは何だったのでしょうか。

当時、多くの異教徒からも人望を集めていた祭司ザカリアとエリザベツ、そして洗礼ヨハネの不信により道を閉ざされてしまったマリアとイエスの立場ではありますが、全ての準備基盤を失い、ゼロからスタートする立場でありました。しかしイエス誕生の秘密を証し出来ない夫ヨセフの前にマリアはイエスを神の子として証しすることは難しい課題であったのです。このところにおいてもエリザベツ家庭のサポートがあれば超えて行けた課題であったでしょう。

ザカリア家庭と夫ヨセフを初めとする全てのサポートを失った母マリアであり、神の子として歴史的な役割を担うイエスを守らなければならない立場でありながら、時間の経過と共に神の子イエスへの認識が薄らいで行ったマリアなのであり、人間としての母親ではありながら、神の子イエスの心情からは遠い存在であったのですね。だからイエスは、「汝は私とどんな関りがあるのか?」とマリアに問いただす時があるのです。

新約聖書を観ても神の子イエスと母マリアの間には大きな隔たりがあるのであり、純粋な信仰を持ち合わせていた母マリアではありますが、残念ながら神の子イエスの使命を理解することは出来なかったのですね。それではなぜマリアはイエスの使命を理解することが出来なかったのでしょうか。

結論から申せば、マリアはそれなりに神への信仰に目覚めてはいたのでしょうが、「人は誰もが神の子として創造されている。」という認識には欠けていたということですね。Project GAIAのメッセージでははっきりと語られてはいますが、当時はそのようなメッセージは無かったのです。已むを得ないことではありますが、せめて母親マリアがイエスの心情に触れることで神々の計画に触れていたら、イエスの十字架の後の母マリアは、イエスの内々の妻マグダラのマリアと共にイエス復活の道を整えて行ったことでしょう。しかし残念ながらイエス出生の秘密と共に神の計画は神格化する弟子たちによりもみ消されていったのであり、以後2000年の間、十字架の犠牲を神の願いとする間違ったキリスト教が栄えることとなり、キリストの再臨の時代を待つこととなるのです。

マグダラのマリアの課題については次回に述べたいと思います。


感謝合掌

2011年8月23日火曜日

イエスから観た3人の女性たち-1

2000年前に歴史的な課題を超えることが出来なかったエリザベツ、イエスの母マリア、そしてマグダラのマリアの3人の女性たちの失敗は、結果的に当時の父系民族主導の世界経綸を失敗に追いやり、全ての足場を失ったイエスは血と汗と涙の苦難の道を一人から歩むこととなり、最終的には、人類の罪を自ら背負うために十字架の犠牲の道を選ぶしかなかったのです。

今回、3人の女性たちに代わり、その歴史的な課題を神の子意識に目覚めた複数の女性たちにより克服したということは、2000年前のエリザベツ、イエスの母マリア、そしてマグダラのマリアの3人の女性たちの2000年に渡る懺悔と苦悩の修道の歴史が終了し、そして何よりも十字架上のイエスが解放されることとなり、2000年ぶりに神々が願う地球創生計画が実現する待望の時代を迎えることになるのです。

要するにキリストの御霊を持つスメラミコトと呼ばれる神の子の再臨が叶う救いと創造の時代を迎えたということであり、父系主導の世界では越えることの出来なかった人類のカルマ終焉の道が母系主導の宇宙経綸として新しく始まることになるのです。

母性主導の経綸のことは、今までProject GAIAのメッセージで何度も語られていますが、この度は神々が認める条件が成立したことを意味しているのです。宇宙経綸の人的基盤はまだまだ貧弱ですが、神々がこの度の宇宙経綸を守るための条件が成立したことで「宇宙経綸は不動也」と云える条件が成立したのです。

それては、エリザベツ、イエスの母マリア、そしてマグダラのマリアの3人の女性たちの課題とは何なのでしょうか? まず祭司ザカリアを夫に持つエリザベツは、イエスの証人となるエリアの再臨洗礼者ヨハネを胎内に身ごもった時、親戚であったイエスの母マリアを呼んでしばらくの期間、身の回りの世話をしているのですが、この滞在期間中にマリアはザカリアとの間にイエスを身ごもるのです。当時は既婚者が異性と性的に交わること、そして未婚者が異性と性的に交わることは立法で厳しく禁止されており、罪を犯せば石打の刑となる厳しい時代なのです。

それでは神への信仰深いマリアがなぜ律法を犯してまでザカリアと関わりを持ったのでしょうか? 結論から申せば、マリアは「あなたは神の子を身ごもるだろう」と天使ガブリエルからメッセージを受けており(受胎告知)、その後にエリザベツの家を訪れるのです。エリザベツの夫ザカリアとの間にイエスを身ごもったマリアは、その後婚約者であったヨセフと結婚し、そして異父ヨセフの子としてイエスが誕生するのです。

イエスの実父であるザカリアと妻エリザベツは、イエスが神の子としてガブリエルから祝福を受けていた異母兄弟であることを知りながらも、エリザベツは人間目線を越えてマリアと一体していればイエスを受け入れることが出来たはずでした。もしザカリアと妻エリザベツがイエスを神の子として受け入れ、洗礼ヨハネをイエスの証人として受け入れていれば、当時の異なる数多くの宗教者たちから尊敬を集めていた祭司ザカリアは、イエスを受け入れる基盤をエリアの復活体である洗礼ヨハネを柱に短期間のうちに築いていたことでしょう。

エリザベツは、マリアと同様にガブリエルの受胎告知で授かった洗礼ヨハネをさて置いて、神の子イエスとその母マリアを受け入れることが心情的に難しかったのです。ザカリアはそのことを知ってはいたのですが、エリザベツの信仰の弱さがイエスとマリアをザカリアから遠ざける結果となったのです。

エリザベツの課題は、過去にはイスラエルの先祖アブラハムの妻サラの立場と良く似ているのであり、晩年にアブラハムとサラとの間に生まれたイサク、そしてアブラハムの側女ハガルとの間に生まれたイシマエル(アラブの先祖)との関係と共通するものがあるのです。

イエスの当時、3人の女性たちが課題を乗り越えていれば、イスラエルとアラブが一体する条件が成立したはずでした。2000年後の今、ようやくイスラエルとアラブが一体する条件が成立する時を迎えたのです。

それでは、イエスの母マリアと実質上のイエスの妻であったマグダラのマリアの課題は何なのでしょうか? 

次回に続く


感謝合掌

2011年8月11日木曜日

最後の峠-3


イエスの実父であるザカリアの妻エリザベツ、イエスの母マリア、そしてマグダラのマリアの三人の女性たちが超えることの出来なかった課題を乗り越えて克服することは、イエス以降2000年の父系イスラエル民族型歴史のカルマ終焉の条件となるのです。

この度は、父系イスラエル民族の相対民族である母系ヒッタイト民族型の遺伝子を持つ女性たちがこの峠を乗り越えることにより成された歴史的快挙であり、これにより2000年間に渡り、歴史的な懺悔の道を歩んだ3人の女性たちのカルマを継ぐ女性たちが解放される条件となり、これにより約2000年前のイエスを中心とした人類のカルマ清算のための神々の計画は、十字架の犠牲を乗り越えることで霊肉の救いの道が開くことになったのであり、イエス以降2000年間に渡り懺悔改心の道を歩んで来られた修道女や尼僧を始めとする女性たちの苦悩の歴史がようやく終焉する時代が到来したのです。

この度の歴史的な快挙により、イエス以降の約2000年の父系イスラエル型民族の西洋歴史はその使命を終えて、母系ヒッタイト民族にその中心的な役割が引き継がれて行くのであり、西洋歴史から見ればイエスの再臨を土台としてヤハウェが降臨することが出来る公の条件が整ったことを意味し、また東洋歴史から見れば弥勒下生の世を世界に宣言できる時代を迎えることになるのです。

その様な観点から今年2011年8月15日の終戦記念日は、2000年に渡る西洋キリスト教歴史を導いた母マリアの使命が終焉するマリア被昇天の日となるのであり、カルマの歴史を越えて始まるproject GAIA=宇宙経綸を世界に宣言する希望の日となるのです。

また8月15日は、1549年にフランシスコ・ザビエルが薩摩のヤジロウと共に来日した記念日でもあるのですが、最近調べた1575年9月13日付けのフランシスコ・ザビエルの17の書簡をまとめたザビエル書簡集には、なんと「フランシス・ガブリエル」と表記されているのです。これは偶然の一致なのかも知れませんが、8月15日は、フランシスコに取りましても新しい出発の記念日となるでしょう。


感謝合掌

2011年8月7日日曜日

最後の峠-2

父系イスラエル民族型の霊界人主導の歴史的カルマ清算の最後の峠は、約2000年前の神の子イエスを身近に囲む3人の女性たちが神の娘として超えることの出来なかった不足を越えて行くことでイエスの犠牲の十字架は避けられたのであり、この峠を乗り越えるか否かが、シャンバラ主導の世界経綸からヤハウェ主導の宇宙経綸に転換して行く最後の峠となるのです。

男性としてのフランシスコ自身は、今まで自らの霊的鋳型作りとして役割については殆ど終了しているのですが、最後の歴史的な峠を越えて行く3人の女性たちについてはサポートが出来たとしても本質的な課題に直接干渉する事は出来ず、神々に召命された当事者である女性たちが自らの課題として主体的に克服し乗り越えて行くことを通して、初めて勝利されて行くべき歴史的課題であるのです。

6月以降に最後の峠を越えて行く期間に入り、7月初旬にはフランシスコには「どの様なことがあなたに起こっても良いように準備しなさい。」とのメッセージがありました。それは覚悟をしなさいという意味であり、その頃から最後の峠を越えて行く霊的重圧を背負う日々が続くようになるのです。

フランシスコは、これまでに霊的重圧を背負うことで身体に致命傷を負うことが何度かありましたが、その都度自らの身体を供え物にしながら限界を乗り越えて来た経緯があります。しかし今度の峠ばかりは自らが乗り越えて行くべき峠ではないのです。当事者である3人の女性が自らの課題として命懸けで乗り越えて行くべき峠なのです。フランシスコとしては、万が一の場合はその責任を自ら背負うことで歴史的な峠を乗り越えて行く最後の覚悟の日々を過ごして参りました。

自分を供え物にするのか、それとも女性たちが歴史的な課題を乗り越えて勝利の宣言が出来るか否かが問われるこの期間でありましたが、エリザベツ、マリア、マグダラのマリアに代わる3人の女性たちが自ら連携一体することで、歴史的な最後の峠を乗り越えて行く条件がかろうじて成立する運びとなりました!! なんと素晴らしいことでしょうか。ここ数日のうちにフランシスコの霊的な重圧は緩和され、身体も楽になりつつあるのです。

ルシェルをこの世の神とする世界経綸最後の勤めが完了することで、ルシェルとリリースの養父母としての人類に対する責任が達成されることで、ヤハウェ主導の宇宙経綸に次元上昇する最後の峠を越えて行くのです。

聖書を原典とする諸宗教の歴史的な最後の課題を乗り越え、超宗教の時代を迎えることで、名実共にProject GAIA=宇宙経綸の時代を迎えて行くのです。その様な観点から今年のマリア被昇天の日は、シャンバラ宇宙の神々がヤハウェのふところに帰還することが可能となる道が公に開かれることを宣言する歴史的な日となるのであり、イエス以降の2000年歴史を導いたマリアの懺悔の歴史が終焉し、ヤハウェ主導の宇宙経綸に公に突入できる超宗教の時代を迎えるのです。


感謝合掌