愛するあなたへ

2010年10月24日日曜日

アブラハムの如く


今回の宇宙経綸は、人類の存続を掛けた最終の経綸であるために諸々の諸宗教を代表し、超宗教次元で呼び集められた神の子たちにより、女神を中核としたネットワーク体制が編成されるようになるでしょう。

最初にヤハウェの母性に目覚めた神の子1人が、そしてその1人を支える三つ巴の神の巫女3名、そしてその3名の周りに12名ずつの神の巫女36人、合計40名の神の巫女とそれをサポートする神の子たちのシンクロネットワーク体制が揃うことで、ようやく経綸の渦を発動させ継続させて行く条件となるのですが、自称神の子たちは内外に沢山おりましても、現実的にはこの条件はまだまだ整っていないのです。

また神の巫女36人が揃いますと、次に倍の72名、そしてその倍の144人とそれをサポートする神の子たちのシンクロネットワーク体制が揃うことで、諸々の神々と連携しながら国土を動かし、神々の経綸が発動する条件となるのです。これらの条件については4年前の2006年からヤハウェから言われていたことなのですが、未だにその準備は揃ってはいないのです。

旧約聖書に以下の様な神とアブラハムの問答があるのですが、今のフランシスコもアブラハムの心境と良く似た立場に在るのです。今の世界は、罪と汚れに満ちたソドムとゴモラの町に喩えることができるでしょう。

<創世記1826-32>

「神は言われた、「もしソドムで町の中に五十人の正しい者がいたら、その人々のためにその所(ソドムとゴモラ)をすべてゆるそう」。

アブラハムは答えて言った、「わたしはちり灰に過ぎませんが、あえてわが神に申します。もし五十人の正しい者のうち五人欠けたなら、その五人欠けたために町を全く滅ぼされますか」。

神は言われた、「もしそこに四十五人いたら、滅ぼさないであろう」。アブラハムはまた重ねて神に言った、「もしそこに四十人いたら」。神は言われた、「その四十人のために、これをしないであろう」。アブラハムは言った、「わが神よ、どうかお怒りにならぬよう。わたしは申します。もしそこに三十人いたら」。神は言われた、「そこに三十人いたら、これをしないであろう」。

アブラハムは言った、「いまわたしはあえてわが神に申します。もしそこに二十人いたら」。神は言われた、「わたしはその二十人のために滅ぼさないであろう」。アブラハムは言った、「わが神よ、どうかお怒りにならぬよう。わたしはいま一度申します、もしそこに十人いたら」。神は言われた、「わたしはその十人のために滅ぼさないであろう」。


天の時と地の利が満ち、あとは神々の計画を推進して行く為の人的ネットワーク基盤の整備がとても重要なのであり、そのために幼い神の子たちの成長進化を心から祈らざるを得ない、神々の切なる願いと心境がフランシスコには痛いほど伝わってくるのです。

神の子たちによる主体的なネットワーク基盤の確立に向けて着実な歩みを推進して参りたく、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

感謝合掌

2010年10月22日金曜日

自己創造-2

顕在意識の多くは、憑依している守護霊や協助霊、そして血統的関わりの強い先祖霊たち無数の集合意識の現れであることは回述べました。但し自らに直接関わりのある先祖などのカルマ清算の責任は持つ必要があるのであり、また逆に背負わなくても良い浮遊霊などの憑依からは完全に解放されるべきなのです。
この有象無象の浮遊霊が実は現代人の多くに救いを求めて数多く憑依しているのであり、実はこの束縛から解放されるだけでも精神的な負担は随分と軽くなるのです。そのために「霊界創生の基本(霊界人が蘇生するための基本)」の祈りや海馬の浄化があるのであり、自らの先祖霊を初めとした守護霊や協助霊たちの集合意識が、成長進化の6.66段階を超えて守護神との交流が始まるまでの自らの顕在意識の骨格と成り、人格形成に大きく作用しているのです。

守護霊や協助霊が自分に憑依(転生)して来る理由は、究極的には自らのカルマ浄化による真の愛の完成のためであり、同じ遺伝子を有する子孫の成長進化を助けることで、その恩恵を受けて自らも成長進化する事が出来るのであり、総じて霊界の甦生に繋がっていくのです。

自分という顕在意識は、自らに働く守護霊団の集合意識の反映であり、この意識の中に「人は誰もが無限の可能性を持つ神の子として創造されている。」という認識を強く持つところから、共に守護霊団の甦生復活も始まる事になるのであり、養父母なる守護神の導きと育みの中で地上と霊世界共々に共鳴し合いながら、神の子としての自己創造の道がスタートして行くのです。

感謝合掌

2010年10月21日木曜日

自己創造

自己創造の第一歩は、自分と言う意識の多くは、自分に憑依している人霊の集合意識であり、神の子としての自分の意識では無い事に気付くところからの始まりとなります。

人は、この霊の集合意識を自分の想いだと勘違いしているのであり、自分の想いの殆んどが神の子意識とは異なる霊の集合意識の想いに支配されていることが多いのです。ですから神の子としての自分自身の意識と霊の集合意識の想いとを区別することで、その違いを見破る必要があるのです。憑依霊の殆んどが遺伝的繋がりの多い先祖霊ですから、ある意味では自分の意識は、先祖の集合意識の結実体でもあるのです。

そのように先祖の集合意識の結実体としての自分自身が神の子意識に目覚めるということは、先祖の霊も同時にその恩恵圏に入ると言うことであり、先祖の霊も神の子として同時に甦生して行く道が開かれて行くことになるのです。

真の個性とは、本来神の子としての神性なのであり、この神性を育み光輝かせることが神の子としての自己創造の始まりとなるのです。然しながら多くの人々は、先祖霊たちを初めとした憑依霊の集合意識の想いにより形成された個性が自分の個性であると勘違いしている事が多いのです。

ですから一般的に人の個性とは、憑依霊の集合意識の想いにより形成されたものであり、本来の神の子の個性(神性)とは異なるのであり、成長進化の6.66段階を超えて行くことはできません。人は憑依霊の想いに支配されている間は、自らの神性を啓発する事が難しく、神性とは異なる自らの性格や癖、悩み、躁鬱など、憑依霊の集合意識の想いが創り上げた自分であることが殆んどなのです。

故に自己創造の第一歩は、自分と言う意識、想いの多くは先祖霊を初めとした憑依霊の集合意識、想いである事に気付くことから始まるのであり、次に意識すべきは見えざる育みの親である守護神(天使)を意識するところからのスタートとなるのであり、神無き虚構世界の呪縛から脱皮して行くことで神の子としての神性(真の個性)を回復し、自己創造の道が開いて行くのです。

感謝合掌

2010年10月20日水曜日

今日の一言


Project GAIA通信を公開して約2カ月が経過しました。皆様のアクセスに心から感謝申し上げます。

現在、日本を初めアメリカ、オーストラリア、フィンランド、韓国、フランス、カナダ、オランダ、香港、ドイツの皆様にアクセスを頂いておりますが、これからproject GAIAメッセージが世界に伝搬され、宇宙意識に繋がる集合意識が世界中に拡大して行くことを心から願っています。

さて、本日から右サイトにtwitter「今日の一言」を追加しました。皆様の日々の指針としてご活用頂ければ幸いです。

感謝合掌

※お知らせ
twitterでの発信は2012年3月20日で終了しました。「今日の一言」は、愛の警鐘IIとしてまとめ、メッセージ一覧で公開しています。

2010年10月12日火曜日

即身仏解放10.10宣言

この度、出羽三山に入りなさいと言う天の声に従い108日に山形に入り、910日の2日間に渡る神事が行われました。

8日夜に参加者5人で決めたスケジュールは土壇場で全て逆転し、全てが神々の計画の中で導かれた神事として、最後には契約の印である虹で閉めさせて頂く恵みに預かりました。いつもながら神々の意思により動かされた神事には無駄が無く、自然も私たちの動きをサポートするようにシンクロしていることを実感する日々でした。

9日に蜂子皇子の御霊と墓地で出会い、神の子たちと共に動いて頂くことを確認させて頂きました。その後に即身仏を代表して注連寺の即身仏である鉄門海上人を訪れ、出羽三山を初め各地に眠る即身仏の御霊が現代に生きる神の子達の成長進化を協助することで共にその恩恵を受けて即身成仏としての悟りの恩恵を深め進化して行く道があることをお伝えさせて頂きました。

10日午前中には多くの即身仏が眠る湯殿山の行者慰霊碑を訪れたのですが、何と私たち一行を待っていたかのように湯殿山に関わる二百人位の皆様が集まっていたのです。行事としては山万霊供養祭として関係者が集まっていたのですが、私達一行がその集まりに入ると同時に供養祭が始まったのです。これは見事なる神々の計らいであると思い、私達5人はその磁場の中で出羽三山に眠る即身仏の御霊の解放宣言の祈りを供えることが出来ました。その後、湯殿山頂の神水(仙人水)の神水湯でしばらく清めの恩恵にあずかる事が出来ました。

生きながら即身成仏して行く神の子への道が開いた事を湯殿山を中心に各地に眠る即身仏の御霊の前に宣言することで、即身仏の御霊も晴れて神の子たちと共に即身成仏して行く(アセンション)救いの道が20101010日を契機に開いた事を皆様にご報告申し上げます。

感謝合掌

2010年10月7日木曜日

人霊と神々の働き-3

人間の顕在意識の殆どは、背後で協助し、また救いを求めて憑依する霊界人達の集合意識そのものであり、顕在意識の中心に在る神の子としての本来の顕在意識の殆どはもみ消され、霊界人達の集合意識が自分の顕在意識であるかのように錯覚して生きているのが現代人のほとんどであるように思います。これは映画「マトリクス」のカラクリにもよく似た世界であり、この神の子としての自分以外の意識が自分自身であると思い込むことで、それらの集合意識が虚構世界を築いているのであり、これが成長進化の6.66段階を超えることの無かった地球人類の悲哀であり、それを導く神々の苦悩でありました。

神の子としての究極の意識は、宇宙本源の愛の意識に繋がる感動と歓喜なのであり、苦しみや悲しみ、恨みやねたみ、自己嫌悪などなど・・・・・は本来神の子意識から発する意識では無く、それらはあなたがたにすがり付き憑依している霊界人達の集合意識であることにしっかりと気付くべきであり、それ無くして神の子としての自分自身を取り戻して行くことは無いでしょう。

確かに自分自身が背負わなければならない先祖たちや同じ使命を担っていた霊界人の解放に対しては責任があるのですが、それ以外に救いを求めて憑依する霊界人に対しては救いの責任を持つ必要は無いのであり、それらの人霊に対しては救いの道を示す(霊界創生の基本)ことで不必要なカルマに奔走する必要は無いのです。

神の子としての自覚に目覚めた者達が虚構世界の呪縛から解放されるためには、今まで自分だと思いこんでいた自分の顕在意識をはっきりと神の子意識と分別して行く必要があるのであり、それ無くして成長進化の6.66段階を超えた新しい地球創生のステージに移行することは困難でしょう。

今、生きながら即身成仏して行く真のアセンションの道が開き、誰もが神の子として無限の可能性を発揮して行く希望の時代に突入しています。神の子意識以外の霊界人の意識に拘束呪縛させて来た虚構の自分自身を終焉させて、神の子意識による自己創造の道を開拓して行く新人類、銀河人類の先祖として、神々と共に原点回帰し新しい創造のステージを築いて参りましょう。

感謝合掌