愛するあなたへ

2010年9月28日火曜日

人霊と神々の働き-2

さて、成長進化の6.66段階を超えて体主霊従、神主人従の領域に突入しますと、潜在意識、即ち神々との交流が明確になって来るのであり、正に第三の目が開いた仏陀やキリストの悟りの段階に入って行くようになるのです。しかし過去の多く聖者はこの6.66段階を前後して肉体の死を迎えてしまうことが殆んどでした。
これは魔の6.66段階を超える時に人類のカルマを背負ってしまう故の受難であり、ほとんどの人がその段階で昇天してしまうのです。

神の子としての人間の成長進化の段階は、決して魔の6.66段階で昇天することが本意ではなく、生きながら魔の6.66段階の峠を越えて即身成仏の道を行くことがアセンションの本意であります。

また魔の6.66段階を超えた領域にも、アセンションの完成としての普遍なる宇宙本源の愛の意識と一体する10段階まであるのであり、そこまで進化した人間は輪廻する必要もなく、肉体の死後、新しく蘇生された銀河人類の霊界で愛と歓喜の中で永世するようになるのです。

成長進化の登竜門は、この魔の6.66段階を超えて神人一体連携の中で神の子意識を心の内に定着させることであり、神の子意識に目覚めた銀河人類を礎として、初めてProject GAIA=地球創生計画が可能となるのです。

また人間の養父母である守護神の殆どは、光なきシャンバラの宇宙生命体でありますから、人類を神の子として蘇生させるために長き苦難の歴史をシャンバラ世界の中で歩まざるを得なかったその心情に触れることで、その立場を神の子としてヤハウェに執り成して行くことが必要なのであり、それにより初めてシャンバラの神々=宇宙生命体=守護神の解放が成され、ヤハウェと一体連携して行く道が開かれて行くのです。

感謝合掌

2010年9月27日月曜日

人霊と神々の働き-1

人間の成長進化に伴い遺伝子に刻まれた歪んだ情報=遺伝的カルマが清算されるようになるのですが、この人間のカルマは成長の6.66段階を超えるまでに清算されるのであり、成長の段階に合わせてカルマの清算に関わり様々な人霊の働きがあるのです。中には災いを起こすことで人間を改心に導く人霊の働きもあるのであり、総じて良くも悪くも人霊はカルマ清算の為に地上の人間に憑依(転生)するのです。但し人霊は血統的な繋がりのある子孫や、また似た様なカルマを持つ地上人に働くのですが、自らの神性の輝きが乏しいほどに人霊に振り回されることになるのです。

良くも悪くも人霊の働きは人間の顕在意識の変化に現れるのであり、いかにも人間自身の意識であるかのように振舞うのです。人は元来神の子として創造されていますから、それに相応しくない想いは、自分に憑依する人霊の想いであり、決して神の子としての本来の自分の想いでは無いことを見破る必要があるのです。このことに気付いた時に人霊は離れて行くのです。カルマの清算とはある意味では数多くの人霊の憑依の呪縛から脱皮しながら成長進化して行くことでもあり、自らの成長進化の恩恵を受けて人霊たちも共にカルマの呪縛から解放されて成長進化する事が出来るのです。これが霊界創生の要因となって行くのです。

人は、この人霊の憑依による顕在意識の変化が見破れないがために、人霊の想いに支配された自らを自分自身の意識と勘違いしてしまうのです。ですから基本的に自らの顕在意識は神の子である事をいつも認識すべしなのであり、それに相応しくない想いは自分自身の想いでは無く、憑依している霊人たちの想いであることに気付く必要があるのです。

成長進化の6.66段階を超えるまでは人霊の作用が大きく霊主体従となりやすいのです。そのために人霊に対する愛による主管性を持つことで体主霊従とする必要があるのであり、故に自分は神の分霊としての神の子であるという強い認識が必要なのです。

既に詳細は述べていますが、人間としての神々への贖罪、そしてヤハウェに対する神々の贖罪への神の子たちの執り成しを基本条件として、人は初めて神の子としてヤハウェの保護圏に護られ育まれるのであり、故にその恩恵の中で成長の6.66段階を超えて行くことが可能となるのです。

続く

2010年9月24日金曜日

海馬の浄化

海馬に刻まれた歪んだ歴史的遺伝子情報を浄化することが、最終的なカルマ浄化の条件となるのですが、この内容については、仁美(マリアクリスティーナアスンサ)がFacebookで投稿しています。(登録者のみ公開です。)

これまでのメッセージを読まれた方が対象となりますので、詳しくは広報センターにお問い合わせください。

感謝合掌

2010年9月21日火曜日

第三の目が開く

霊性の成長進化が進み、脳に蓄積された情報が海馬を中心に浄化され始まると、顕在意識は脳の松果体を介して無限の可能性を秘めた潜在意識(守護神の意識)と繋がり始め(第三の目が開く)、滝の水が流れる如くに身も心も歓喜に包まれ、子供が出産する時に思いっきり声をあげて深呼吸するように、宇宙の愛を一気に深呼吸するような体験があるのであり、カルマ清算までの成長進化の6.66段階を乗り越えた新しいステージとしての自己創造が始まるようになるのです。

この成長進化の6.66段階を超えて守護神の導きと育みを直接に受ける中で、銀河人類としての普遍的愛の完成を目指した自己創造の道がスタートして行くのです。正にこの段階は過去の多くの先人達が乗り越えられなかった即身仏としての限界を超えて行くことなのであり、今私たちはその先人達の血と汗と苦難の道を土台として、生きながら即身成仏することのできる恩寵の時代に活かされ生きているということを心から感謝して参りたいと思います。

日本のアセンションのメッカである出羽三山を初め、全国各地に眠る即身仏に心から感謝し、合掌したいと思います。

感謝合掌

Hymn - Vangelis

2010年9月19日日曜日

道は開いている!!


さて、もしあなたが自らの神性を光輝かせることが難しいとしたら、それは6.66段階に至る前の成長段階に在るからです。過去の人類歴史でこの6.66段階を超えて行く聖人や義人は殆んど居ないのですから当然のことでしょう。

まずは自らが立っている霊的成長度合いを客観的に認識する必要があります。例え神の子宣言をしたとしても個々の霊的成長段階は皆異なっているのであり、ヤハウェの霊的保護圏に在ること故に神の子として護られている自らであることを忘れては成りません。


独身者はツインソウル家庭との交流が大切な成長の糧となるのであり、既婚者は、夫婦の信頼関係が守護神に護られる大切な条件となるのであり、共に自己創造を目指して生きることが成長進化の条件となるのです。

今の時代は魔性666の段階を難行や苦行を必要としないで越えて行くことのできる救いと希望の時を迎えているのです。その意味では歴史清算と未来創造の過渡期にあるのであり、project GAIAにおいても歴史清算と未来創造の世界の二大潮流の中で進められて行くムーブメントであるのです。
個人差はありますが、過去の歴史清算は、自らのDNAに刻まれたカルマ清算と繋がっているのであり、カルマ清算の峠を越えて初めて自己創造を土台とした銀河人類創生への道が開いて行くことになるのです。

人は誰もが生まれながらにして神性を宿す神の子として創造されているのであり、無限の可能性を秘めた存在であることを心から受け入れて行くことを通して自己創造の道が開いて参ります。

地球創生の道は開きました。過去の既成概念の呪縛に自らを拘束するのではなく、無限の可能性を秘めた神の子として飛翔できる希望の時代を迎えているのであり、そのことを世界の多くの人々に伝えることが大切なテーマでありましょう。


感謝合掌

2010年9月18日土曜日

6.66段階を超える

人類の成長進化の完成を10段階とすれば、6.66段階の峠を越えて行くことで光無きシャンバラ世界のカルマから脱皮し、善悪を超えた穢れ無き太陽神界の意識圏で成長進化がなされて行くステージへと移行して参ります。

この6.66段階を超えるためにカルマ発生の原因となった人類の性的犯罪(最も高貴なる性を汚した罪)への心からの謝罪を成し、そしてその罪を自己正当化するために天使に責任転嫁して天使を悪魔呼ばわりして来た長き歴史に対する心からの謝罪を成し、また悪魔呼ばわりされながらもこの世の神として人類を育み導いて来られた天使達への心からの感謝とお礼を、それらを土台に銀河人類の祖であるヤハウェに対して、止む無くヤハウェから離れざるを得なかった天使達宇宙生命体の立場を執り成す神の子となることで、初めて人類の養父母なる天使達守護神は、光無きシャンバラ世界の苦悩の闇から解放されるのであり、天使達共々にヤハウェの愛の保護圏に育み護られながら、今まで人類が超える事の出来なかった成長の6.66段階を超えながら神の子としての成長進化を成して行く、新しい銀河人類創生の歴史が始まって行くのです。

この6.66の峠を越えて行く上で重要なことは、基本的にヤハウェの保護圏に護られることが何よりも大切なことであり、愛と許しの保護圏の中で人間の魔性に汚されることなく成長進化して行くことが出来るのです。
このヤハウェの保護圏との仲介役が蘇生転換した天使達(守護神)の役割となるのであり、故に親子の如くの守護神との信頼関係がとても大切となるのです。また6.66段階以前の成長期間においては、ヤハウェや守護神の代理人となるツインソウル家庭との信頼関係が生命線となるのであり、その家庭のサポートを介してヤハウェと守護神との関わりを回復しながら、神の子として蘇生して行く道が開かれて行くのです。

成長期間の6.66段階を超え、直接守護神と一体連携しながら自らの神性を輝かせる自己創造を基本に地球創生を推進するムーブメントが弥勒(666)のムーブメントとなるのであり、6.66段階を超えて初めて超宗教・超科学による新しい銀河人類創生の道を開くProject GAIAの群れとなって行くのです。

You were there あなたがいるから

感謝合掌

2010年9月17日金曜日

新しいステージに向けて

今までProject GAIAの紹介は、メッセージの普及啓蒙を柱にWAOが中心的な役割を担って参りましたが、Project GAIA=地球創生計画の一端を担う協働プロジェクトが各々動き始めることで.今後はProject GAIA全般の理想郷づくりに向けた概念図(青写真)の紹介を初め、各協働プロジェクトの紹介や有益情報などを含めたProject GAIA総合サイトの必要性が出て参りました。なるべく早い時期に総合サイトを立ち上げることを検討したいと思います。

その上でWAOは、今まで以上にProject GAIAのメッセージの普及啓蒙を推進して頂き、また144000人のProject GAIAの担い手たちの蘇生に奮闘して頂きたく、また各々の協働プロジェクトを担う皆様におきましても、活動の目的と動機をリセットした立場で改めて各々のミッションに取り組んで頂きたく思います。

具体的な協働プロジェクトに参加されていない皆様におかれましても、個人や家庭を基本に神の子としての神性が光り輝く自己創造のステージとしてのマザーセンター活動を着実に推進して頂きたいのであり、また個々のマザーセンター活動が相互協力することで、新しい協働プロジェクトが誕生して行くことでも良いのです。

今後のProject GAIAの動向は、メッセージの普及啓蒙を基本に、各協働プロジェクトを本格起動させて行く段階に来ているのであり、また新しい協働プロジェクトが無数に繁殖して行く段階を迎えて行くのです。

2010年度版
We Are The World 25 For Haiti

感謝合掌



※追記:大切なお知らせ※
2015年4月に、宇宙経綸が本来のステージにシフトしたことに伴い、WAOはその役割を終えて解散いたしました。(広報センターの公式アナウンスメント「Project GAIAのリセット」をご覧ください。)なお、霊性の成長進化のサポートにつきましては、Project GAIA広報センターが窓口を引き継いでおります。
ご質問等お問合わせは、広報センターまでご連絡ください。





2010年9月12日日曜日

新しいスタートを!!

Project GAIA通信を都合により一時休憩しておりましたが、今日から再開させて頂きます。

さて、今後Project GAIA通信のメッセージは、宇宙意識に繋がる神の子意識に目覚められた皆様を対象に発信して参りますので、初めてメッセージに触れられる方々は、ぜひこれまでのProject GAIAメッセージをご理解頂いた上でお読み頂ければ幸いに思います。

さて、宇宙経綸の動きも新しい次元を向かえて再出発して参ります。今まではどちらかと言えば歴史清算の為の霊的鋳型造りを、最終的にはこの世の神が創造した虚構世界終息に向けた霊的鋳型造りの歴史でありました。しかしこれからの宇宙経綸は、これまで積み上げて来た条件を土台として、宇宙意識に目覚めた銀河人類による新しい地球文明創造のための現実的な鋳型造りが柱と成るのであり、そのために神の子としての沢山の個性が必要となるのであり、また神の子たちによる地球創生に向けた村、まち、国造りに向けた理想モデルのプロジェクトが沢山必要と成るのです。

例え小さなプロジェクトであっても本物であれば必ず発展して行くのです。しかしそのプロジェクトが今までの既成概念に留まり、利害に絡んだ虚偽の人間関係のままでは実を結ぶことは無く、発展もしないのです。

地球創生計画は、人間の能力だけで進められるものではなく、潜在意識(守護神の意識)への目覚めと共にその導きの中で自ら成長進化(アセンション)しながら初めて推進されるものであり、その果実も本質を異にするのです。

今は神の子として原点回帰することによる再出発の時期を迎えているのであり、だからこそ現実世界の虚構の概念から早く脱皮し、誰もが潜在意識との繋がりを回復させながら自己創造(アセンション)の道をスタートする必要があるのです。

感謝合掌